カラーの発色の実験

お久しぶりでーす。

気まぐれで更新してまーす。

カラー剤のダメージをできるだけ少なく、かつ綺麗に発色させようと実験。

プレピグ(プレピグメンテーション)なんじゃそら?って感じっしょ。

 

主に白髪染めなんかで、白髪がかたまって多い部分なんかに

先にカラー剤と水で溶いた薬剤を塗布(オキシで溶く)方もいてる。

水で溶いてるので発色はせず、上から別のカラー剤をのせたた時に

先にのせた染料も発色して、かたまった白髪でも差が少なく染まる技術です。

 

毛先に色素いれる場合、つかえないかなーと思い

水溶きプレピグを先に塗って被せてなんかを実験している途中で

邪念がでてきて、、、実験の邪魔を、、

 

パーマの還元剤のように、酸性、中性、アルカリ性で活性する還元剤があるように

色素でも、あるんかいなぁぁぁ、、、

って頭の中で誰かが問いかけて集中できひんので

 

妄想族なんですぐさま実験変更!!(おいおいぶれてないかいって?)

 

って面白い結果になりやしたぜー。

 

どこにいったかわからん白い毛束を裏からかきだしてきて、早速実験開始!

8トーン、赤、イエロー、Ashを1:1:1でまぜまぜしたものを3つ

そこにオキシ6%を酸リンス、水、アルカリ水で半分に割ったものを

先ほどのやつにといて

酸リンスカラー、水溶きカラー、アルカリ水カラーにわけ

トーーフ。

 

10分後

左の(さん)て書いた、薬剤だけ、なんかおかしいぞ。

右の(アル)は気持ーーち、濃いような、、。

もう少し放置じゃ。。

仕上がり

20分放置後、シャンプーして、乾かしたら、おいおい(さん)だけ

アッシュじゃないかー、おい赤味はどこえ、、。

(アル)はほぼ変わらんけど

気持〜ち濃いようです。(自分の目を信じるぜ)


おいおい赤味はどこえ??

それなら、赤だけで検証や、、。

ってことで、アクセントカラーの赤で

再度、実験します。

同じ条件で、なんやかんや

早速仕上がりです。

もー何処からみても発色してないですやん。(アル)はやはり濃いですやーーん

 

でも、なんで??

酸性で赤の色素が変色??色素が崩壊???浸透したけど発色してないの????

酸性で膨潤しなくて染料はいらないと考えても、さっきの実験でAsh発色しとるし、分子量だって、、。

 

(さん)毛束に内部で発色してないだけなのか、もう一度オキシぶっかけて、放置して、ながして、、

予想通り、何もかわらないのでした、、。

なぜ??  検証はつづく。。